果樹(果物)農家を応援するホームページ

果樹苗木の生産・販売
株式会社吉岡国光園(苗木屋)

福岡県久留米市田主丸町上原332-3

電話受付:9:00〜12:00、13:00~17:00
(日曜・祝日・お盆時期・年末年始を除く)

無料カタログ請求(昨年度版)
お待ちしております

→詳細はこちらへ

無料カタログのお申し込みは

0943-72-1578

駿河 するが

特徴

「ばあちゃんのくちびる」と云うぴったりの別名を持つ「駿河」。最後の甘柿品種。年越しまで待って樹上完熟した果実は最高。メロンのような食感。

 鳥越農場のご主人から、この品種は「ばあちゃんのくちびる」と云う別名を持つんだと教えてもらっと時はあまりにピッタリのネーミングに笑いました。

柿シーズンの終演。一番最後に収穫する甘柿品種。完全に落葉した頃から収穫を始める。ほとんど種は入らず正月でも甘柿が楽しめる。仕事分散にはもってこい。

柿シーズンの終演。一番最後に収穫する甘柿品種。この品種をご紹介下さったのが「㈲鳥越農場」社長鳥越郁夫さん。昭和34年、カキ農林1号として登録された最も古い品種。
なぜそれが幻のカキとなったのか。昭和34年当時は、早生系品種のほうが単価が取れたからである。晩生品種は見向きもされなかった。当時導入を考えるカキ農家は皆無。その為ロットが少なく、市場出荷では見向きもされなかった。
昭和53年に観光農園を開園した鳥越社長は、今では当たり前になっているカキ生果の直送販売を始めた。順調に売り上げを伸ばし、販売期間の延長を目的に導入されたのが駿河である。
社長は福岡県果樹試験場での研修中に食べていた駿河を思い出し、平成5年に導入した。ここ久留米では12月10日前後に収穫でき、日持ち性があって1ヵ月持つ。熟度を細かく揃えて収穫する必要はなく、一度に収穫できるので非常に収穫作業効率が良い。
この記事の執筆後、社長が冷蔵した駿河を頂いた(下写真)。社長の探求心はいつまでも続き、これで4月まで販売が続けられるとのこと。脱帽です。

昭和34年カキ農林1号として登録された最も古い農水省育種品種であり、いまだに、この品種がカキ最晩生品種である。つまり、今流行りの冷蔵柿以外で唯一正月に食べられる品種。
「㈲鳥越農場」社長鳥越郁夫さんもここに着眼して、平成5年頃より導入された。昭和53年から始めた観光農園、当時は会社の慰安旅行など多くの大型バスで賑わったいた。
この翌年の昭和54年、それまで創業以来「三越」の専属配送業者だった大和運輸は無茶な要求を受け、三越と絶縁した。(その3年後には、当時の三越社長は解任された。いわゆる、三越事件である。)そこから、現在のヤマト運輸の経営体制(個人宅配)を作るきっかけとなったようだ。
鳥越社長とヤマト運輸の接点があったのはこの頃である。当時東京からこられたヤマト運輸の福岡支店長より、「これからのビジネスは個人宅配になる。」この言葉を信用して、まだ観光農園として、多くの来客があった頃に、始められたのが今では当たり前になっている柿生果の直送販売。
こうして始まった柿の宅配業務の販売期間の延長を目的に導入されたのが、「駿河」である。ここ福岡県でも、この品種12月20日頃まで、受注が可能なので観光農園の営業を延長できるし、年明けの出荷にも対応できる。販路拡大、販売期間の延長を考えられてる方には是非導入していただきたい品種です。
最後になりましたが、平成22年4月1日、ヤマト運輸は、三越伊勢丹ビジネス・サポートと物流全般の業務委託契約を締結。31年ぶりに三越と本格取引を再開した。

 単為結果性が高い完全甘柿。無核の最晩生品種。肉質は非常に緻密で食味は良い。青採りせず、樹上で完熟させ12中旬、一度に収穫できる減労力品種。柿シーズンの最後を飾るにふさわしい品種。

区分完全甘
糖度(%)17
種子数無~極少
樹勢
樹姿やや直立性
受粉樹としての使用不可
来歴花御所 × 晩御所

収穫時期

12/中~12/下

受粉樹

不要

平均果重250g
家庭園芸★★
家庭園芸の★の数が多いほど初心者向きの品種になります。

料金表  落葉樹とポット苗(BB、山桃、枇杷等)50本以上なら送料無料

ここでは苗木単価、送料・荷造料についてご案内いたします。

苗木の状態/年生本品種注文数

単価(税込)/1本当り

素掘り1年生苗木

1品種1~9本注文

¥1,700   

1品種10本以上

¥1,280   

 

ポット苗木2年生

1品種1~9本注文

¥2,100   

1品種10本以上¥1,890   

=売り切れ

 

苗木の出荷時期素掘り苗木

11/末~2/20

(3月の発送は出来ません)

ポット苗木4/1~6/末を除く年中

送料・荷造料

(一回発送)

一部地域を除く3,500円(税込)
北海道・東北・沖縄・離島お問合せ下さい

※50本以上サービス

(※北海道・東北・沖縄・離島は、お問合せ下さい)

※ご不明な点はお問合せください

御注文から発送まで

お問合せから苗木お届けまでの流れをご説明いたします。

カタログ申込・品種を選ぶ

お電話かFAXでお待ちいたしております。

お電話・FAXにてご注文・ご相談を受け付けております。

カタログご希望の方も御連絡お待ちしております。

 

御注文・在庫の確認

お客さまとの対話を重視しています。

  「品種名と本数」をお知らせくだされば、在庫状況をお知らせします。・・・すぐにご返答できない場合は、追って、お電話、FAXさせていただきます。

 とりあえず、押さえたい品種と本数をお知らせくだされば、「請求書」、「郵便振替用紙」、「カタログ」をお送りします。・・絶対に欲しい品種は早めにお申込みくだされば、苗木発注を承ります。

 

  • 追加予定がある方は、その旨お伝えください。発送時期を遅延します。

 

請求・お振込

お気軽にお問合せください。

『請求書』の有効期限は、発行日より2週間、入金をもって御予約とさせていただきます。

『請求書』が1週間たっても届かない場合には誤送の可能性があります。入金がないと苗木の確保ができませんので、至急御連絡下さい。

必ず、『請求書』の内容をご確認の上、送金をお願いいたします。入金の確認が出来ましたら、苗木を確保いたします。それ故、申し訳ございませんが、入金後の注文内容変更・キャンセルは受け付けておりませんのでご了承下さい。

入金確認のお知らせはしておりません。領収書が必要なお客様はお知らせ下さい。

苗木発送

適時期の植付が健全に育つ秘訣。

出荷シーズンになりましたら、準備出来次第発送いたします。(苗木発送をご覧下さい)

着日指定(素掘り苗木)  -できるだけご遠慮ください。  どうしても植付け予定日が決まっている場合、その旨お伝えください。植え付け予定日に植えられるよう余裕を持っての発送の努力させていただきます。苗木は3~4日では傷みません。植え付けまで一週間位ある場合は、一度箱を開け、水上げして箱に戻して涼しい場所にて保管ください。

 着日指定された場合には、以下の理由で早掘りになり、苗木には良くないことをご理解下さい。詳しくは苗木発送をご覧下さい

1、雨天時には掘り取りは出来ない。
2、運送会社の遅配送などを考慮し、早目に出荷する。

日曜日、祝日着の配達は出来ません


お知らせ

↑2021年秋~2022春の旧カタログ
新カタログは準備中。


無料カタログ作成中

 本年度もたくさんの注文ありがとうございました。本年度(2021秋~2022春)の受注は終了しました。来期に向け生産段階となりました。来年度も宜しくお願いします。


来期(2022年度)は9月1日(木曜日)9時より、Faxも9月1日9時より受注開始します。

旧・新カタログご希望のお客様は上記のお電話か、FAXでお願いいたします。

※ホームページ上の在庫更新には時間差がありますので、最新の在庫確認は、電話かFAXでお願いいたします。

お問い合せはこちら

お問い合せはお気軽に

0943-72-1578

0943-73-1624

FAXでのご注文は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

戦後の昭和23年頃より苗木を作り始め、70年以上果物の苗木業を営んできました。

日本果樹種苗協会正会員