果樹(果物)農家を応援するホームページ

果樹苗木の生産・販売
株式会社吉岡国光園(苗木屋)

福岡県久留米市田主丸町上原332-3

電話受付:9:00〜12:00、13:00~17:00
(日曜・祝日・お盆時期・年末年始を除く)

無料カタログ請求(昨年度版)
お待ちしております

→詳細はこちらへ

無料カタログのお申し込みは

0943-72-1578

フィンガーライム(10品種)の品種一覧

ご注文の際の注意

お客様の声をお伺いしたいと思っておりますので

ご注文はお電話、FAXで承っております。

もちろん家庭果樹の方のご依頼もお待ちいたしております。詳細は下記よりご確認くださいませ。

レモン・ライム(31品種)

オーストラリアの原住民が愛用してきた香酸柑橘。ついに、正規ルートで穂木を入手し、苗木販売に漕ぎ着けた。
 この果実の特徴は、別名「森のキャビア」からも分かるように、砂じょう(柑橘の可食部の一粒)がまん丸であり、輪切りにすると、瞬時に、砂じょうがムクムクと出てくること。ライム、レモンの代わりになる食材で、お皿に盛った時の見栄えに優れるといった、画期的特長を生かし、飲食店では、お客様の目の前で輪切りにすることにより、砂じょうのムクムクの感動をお客様にも提供。

フィンガーライムの砂じょうを入れたグラスに炭酸を入れると、砂じょうがグラスの中で上下に動きながら浮遊するので、カクテルなどにも・・

 当初は、フィンガーライム苗の生産ということで、試行錯誤の上なんとか納品まで至りました。出荷時に苗から採り置きする枝(穂木)が十分確保できるという考えにより、相当量の苗木ができると想像しておりました。
そこにまだフィンガーライムという植物がよく分かっていない落とし穴があったのです。この植物、普通の柑橘のように春、夏、秋芽という節目がありません。接木から半年間、生長が止まることなく伸びていきます。それと同時に腋芽が伸び、また、その腋芽からも腋芽がでるという生長をします。
海外のインターネット上で知ったのですが、「フィンガーライムには、DIE BACK現象なるものが発生する。この現象は、春芽が発芽する前に、細い枝の先端から枯れこみを起す。この現象は、成木になっても毎年起こる。」腋芽の腋芽部分が穂木となるのでかなり細い上、DIE BACKを起す枝を穂木として使ったのだから、接木活着率が悪く、思惑通りの苗木生産ができなかったと考えています。

 日本における栽培について、まだ試験的ではあるが、北九州では露地栽培が可能なことが証明された。北九州地区では、四季成性が強く現れ、夏の間は、同じ樹に、花芽、幼果、成果が同居する。​

☆プロの視点からは、素掘り苗木2年生をお薦めしますが、下記等のご事情がある方にはポット苗木を推薦しております。

  • 露地苗木が1年生しか在庫がない品種。
  • 冬送り(落葉果樹等)の商品とあわせて、1回送りにして送料を浮かせたい
  • 早く栽培してみたいので素掘り苗木の出荷時期まで待てない。

品種名と特徴


お知らせ

↑2021年秋~2022春の旧カタログ
新カタログは準備中。


無料カタログ作成中

 本年度もたくさんの注文ありがとうございました。本年度(2021秋~2022春)の受注は終了しました。来期に向け生産段階となりました。来年度も宜しくお願いします。


来期(2022年度)は9月1日(木曜日)9時より、Faxも9月1日9時より受注開始します。

旧・新カタログご希望のお客様は上記のお電話か、FAXでお願いいたします。

※ホームページ上の在庫更新には時間差がありますので、最新の在庫確認は、電話かFAXでお願いいたします。

お問い合せはこちら

お問い合せはお気軽に

0943-72-1578

0943-73-1624

FAXでのご注文は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

戦後の昭和23年頃より苗木を作り始め、70年以上果物の苗木業を営んできました。

日本果樹種苗協会正会員