果樹(果物)農家を応援するホームページ

果樹苗木の生産・販売
株式会社吉岡国光園(苗木屋)

事業者登録番号:T4-2900-0105-7172

福岡県久留米市田主丸町上原332-3

電話受付:9:00〜12:00、13:00~17:00
(日曜・祝日・お盆時期・年末年始を除く)

令和5年度分受注中

→詳細はこちらへ

無料カタログのお申し込みは

0943-72-1578

富士【甲州百目】ふじ【こうしゅうひゃくめ】

特徴

異名 蜂屋,水蜂屋,大蜂屋,富士山,甲州百目,百目,渋百目,だいしろ,大四郎,赤日本,美濃

来歴 この品種は古くから全国的に分布しているものである。その起源は明らかでない。各地方でさまざまな呼び名があり,東北地方では,主に「蜂屋」と呼ばれている。

 果形が縦長くて大きいという点でやや類似した品種に岐阜県加茂郡蜂屋村(現美濃加茂市)で古くからつくられてきた「堂上蜂屋」があるが,これは完全渋ガキで,果底部が扁平であり,樹性の点でも大きく異なっていて,富士とはまったく別品種である。

樹性,着花・結実性 樹姿は開張性と直立性の中間程度で,樹勢は中位である。萌芽・展葉期はおそい。葉は大きく,幅広い楕円形である。春先の風によって新梢が途中から折れやすい。また,風害に弱く,葉が風で飛びやすい。

 雌花はつきやすく,開花期はカキ品種のなかではおそい。雄花は着生しない。単為結果性は高くなく,安定生産のためには受粉が必要である。受粉がよく行なわれれば,早期落果は少ない。しかし,後期落果性が大きく,収量が安定していない。すなわち,9月上中旬ごろを中心に,肥大した果実がぼとぼとと落果することが多く,この時点で収量が半減することも珍しくない。大果であり,台風害によっても落果が起こりやすい。

果実特性 中生で大果の不完全渋ガキである。10月下旬~11月上旬が収穫期(安芸津)である。大果であり,富有と同様な管理を行なうと,350g以上になる。果色は赤い。果皮に隆起した小黒点が生じる。条紋はやや生じやすい。チャノキイロアザミウマの被害を受ける。

 不完全渋ガキのなかでも種子脱渋力は低い品種であり,種子ができた場合でも,褐斑は種子の周囲のわずかな部分にしか生じない。

 脱渋は一般に容易で,愛媛県ではアルコール脱渋が行なわれている。やや硬い時期に食べると,肉質は緻密であるが,硬さは中程度で果汁も多いほうではない。やや軟らかくなるまで待つと,柔軟多汁となり,糖度も17度程度とやや高いため,食味は優れる。

 一般には,干柿としての生産が多い。肉質が粘質で粉質化せず,干柿としての品質は優良である。枯露柿(乾燥度の進んだ干柿)としても生産されているが,大果であるため,半乾きの「あんぽ柿」としての生産が多い。熟柿としても品質は優良である。

枝変わり品種 やや果形の異なる枝変わり品種として1988年にやおきが品種登録されている。

生産状況 福島・宮城・山梨県の3県で1,100ha程度(2004年)の栽培があり,主として干柿として利用されている。全国に散在し,1,300ha程度(2004年)の栽培がある。さわし柿としての商品生産も愛媛県などで行なわれている。

左写真のよう、肩の尖った逆三角形の果形で他品種と区別がしやすい。起源が分からないほど非常に古くから存在するので、百目、渋百目、大代(ダイシロ)、大四郎、江戸柿、蜂屋(ハチヤ)、富士山、日本柿、富山など多くの名前がある。
果実は平均300gの大果、種子少なく、さわし柿、熟柿、干柿なんでもできる万能選手。

 品種名は甲州百目。「蜂屋」と呼ばれることがあるが、岐阜県の「堂上蜂屋」とは全く別品種で有るアンポ柿(甘乾燥干柿)や干柿、熟し柿にも向く。肩の張った逆三角形の果実。

区分不完全渋
糖度16~18
種子数1~2
樹勢
樹姿直立性
受粉樹としての使用不可

収穫時期

10/下~11/上

受粉樹

不要

平均果重300~350g
家庭園芸★★
家庭園芸の★の数が多いほど初心者向きの品種になります。

料金表  落葉樹とポット苗(BB、山桃、枇杷等)50本以上なら送料無料!!

ここでは苗木単価、送料・荷造料についてご案内いたします。

苗木の状態/年生本品種注文数

単価(税込)/1本当り

 

素掘り1年生苗木

1品種1~9本注文

¥1,500               

1品種10本以上

¥1,130               

 

ポット苗木2年生

1品種1~9本注文

¥1,900      

1品種10本以上¥1,710      

=売り切れ

苗木の出荷時期素掘り苗木

11/末~2/20

(3月の発送は出来ません)

ポット苗木9/1~

送料・荷造料

(一回発送)

一部地域を除く3,500円(税込)
北海道・東北・沖縄・離島お問合せ下さい

※50本以上サービス

(※北海道・東北・沖縄・離島は、お問合せ下さい)

※ご不明な点はお問合せください

御注文から発送まで

お問合せから苗木お届けまでの流れをご説明いたします。

カタログ申込・品種を選ぶ

お電話かFAXでお待ちいたしております。

お電話・FAXにてご注文・ご相談を受け付けております。

カタログご希望の方も御連絡お待ちしております。

 

御注文・在庫の確認

お客さまとの対話を重視しています。

  「品種名と本数」をお知らせくだされば、在庫状況をお知らせします。・・・すぐにご返答できない場合は、追って、お電話、FAXさせていただきます。

 とりあえず、押さえたい品種と本数をお知らせくだされば、「請求書」、「郵便振替用紙」、「カタログ」をお送りします。・・絶対に欲しい品種は早めにお申込みくだされば、苗木発注を承ります。

 

  • 追加予定がある方は、その旨お伝えください。発送時期を遅延します。

 

請求・お振込

お気軽にお問合せください。

『請求書』の有効期限は、発行日より2週間、入金をもって御予約とさせていただきます。

『請求書』が1週間たっても届かない場合には誤送の可能性があります。入金がないと苗木の確保ができませんので、至急御連絡下さい。

必ず、『請求書』の内容をご確認の上、送金をお願いいたします。入金の確認が出来ましたら、苗木を確保いたします。それ故、申し訳ございませんが、入金後の注文内容変更・キャンセルは受け付けておりませんのでご了承下さい。

入金確認のお知らせはしておりません。領収書が必要なお客様はお知らせ下さい。

苗木発送

適時期の植付が健全に育つ秘訣。

出荷シーズンになりましたら、準備出来次第発送いたします。(苗木発送をご覧下さい)

着日指定(素掘り苗木)  -できるだけご遠慮ください。  どうしても植付け予定日が決まっている場合、その旨お伝えください。植え付け予定日に植えられるよう余裕を持っての発送の努力させていただきます。苗木は3~4日では傷みません。植え付けまで一週間位ある場合は、一度箱を開け、水上げして箱に戻して涼しい場所にて保管ください。

 着日指定された場合には、以下の理由で早掘りになり、苗木には良くないことをご理解下さい。詳しくは苗木発送をご覧下さい

1、雨天時には掘り取りは出来ない。
2、運送会社の遅配送などを考慮し、早目に出荷する。

日曜日、祝日着の配達は出来ません

受注開始・新カタログ発送中

2023年度最新版カタログ

 

☆素掘苗木受注開始しました☆

令和5年9月1日金曜日

お電話・FAXともに午前9時~

今年2023年度もよろしくお願いします。

 

お問い合せはこちら

お問い合せはお気軽に

0943-72-1578

0943-73-1624

FAXでのご注文は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

戦後の昭和23年頃より苗木を作り始め、70年以上果物の苗木業を営んできました。

日本果樹種苗協会正会員